うつくしまことばのミュージアム 谷川俊太郎×和合亮一 真夏のソネット

コラッセふくしま1周年アニバーサリー『1st Birthday!』

詩とのまじわるところ

うつくしまことばのミュージアム

谷川俊太郎×和合亮一

谷川俊太郎さんと和合亮一さんのトークショーとパフォーマンスで贈ることばの時間。

トークショーは、谷川俊太郎さんへの、みなさんからの質問を中心に、また、

希望参加者による谷川さんの詩の朗読を織り交ぜて、構成していきます。

平成1688日() 13:30開場 14:00開演

コラッセふくしま 4F多目的ホール 入場無料予約券または整理券が必要です)

こ と ば は に な り 、

人 は に な る 。

こ と ば を 作 る こ と は 、

を 作 る こ と 。

に 耳 を 澄 ま す こ と 、

に 耳 を 澄 ま す こ と 。

を 歩 く 、 と 歩 く 。

人 と 歩 く 、 こ と ば の 

真 夏 の 涼 し い 、 こ と ば の 時 間 。

ご 一 緒 に 、 い か が で す か 。

谷 川 俊 太 郎

詩人。東京生まれ。父は哲学者の谷川徹三。1950(昭和25)年豊多摩高校卒。この年三好達治の紹介で「ネロ他五編」を『文学界』に発表。その宇宙と交換するミステリアスな感覚によって、実存的な戦後詩の流れとは異質な新しい詩人の誕生を告げた。

52年これらの初期の詩をまとめて『二十億光年の孤独』を刊行。 53年には、やがて強力な戦後詩の第二世代を形成することになる同人詩誌『楷』に参加。53年の第2詩集『六十二のソネット』までの彼の詩はいかにも青春のみずみずしい(生命的なほめうた)といえるが、62年の詩集『21』の頃からきわめて実験的な方法が生まれてくる。以来68年『旅』75年『定義』80年『コカコーラ・レッスン』、89年『メランコリーの川くだり』などの詩集で、常に現代詩の最先端を歩みつづけている。また60年代頃から、劇団四季の上演シナリオを書いたり、レコードの作詞をてがけたり、(62年『月火水木金土日のうた』でレコード大賞作詞賞を受賞)、のちに『落首九十九』としてまとめられる時事風刺詩を『週刊朝日』に連載したり、東京オリンピック記録映画の製作に参加するなど、今日のもっともポピュラーな詩人となった。子どものうたや絵本の領域にも仕事を広げ,『ことばあそびうた』『わらべうた』などのほか、「マザー・グース」の翻訳なども、余人の追随を許さない。エッセー集などの著作も多数。

『現在人物辞典』(朝日新聞社編)

和 合 亮 一

詩人。高校教諭。福島生まれ。98年に刊行した第1詩集『AFTER』で、第4回中原中也賞を受賞。99年には第2詩集『RAINBOW』2002年には、第3詩集「誕生」を刊行し、現代詩花椿賞と土井晩翠賞のいずれも最終候補となる。執筆以外にも、詩に関心のない人たちをも巻き込み、現代詩を活性化させることを目的とした『アクションポエジィ』と題する運動を展開し、朗読活動などを幅広く全国的に行っている。次世代の気鋭詩人たちを集めた雑誌「ウルトラ」の編集長を務め(1998~)、又詩の批評サイト「いんあうと」を主宰している(2002~)。草野心平記念館文学館(いわき市)、中原中也記念館(山口・湯田町)、仙台市文学館(仙台市)、日本現代詩歌文学館(北上市)などの各文学館やカルチャーセンター・公民館などで詩や文学のイベント企画と出演、詩作講座・ワークショップの講師等を担当している。うつくしま未来博閉会式歌「つかむ虹のかなた」で作詞を担当(作曲・服部克久)。現在は「現代詩手帖」で、新人選評欄を担当している。

うつくしまことばのミュージアム

谷川俊太郎×和合亮一

7月25日の午後、コラッセふくしま4F多目的ホールにて

朗読者の顔合わせ&練習会が行われました。

総勢40数名。本番へ向けて、スタートです!!

当日のゲスト・和合氏からの説明

そして皆さんの自己紹介です。

別にUFOを呼んでいるわけではありません

手を握るのを隣の人に伝えていくという

ゲームをして緊張をほぐしました。

さらにゲーム。目の前にいる人を

めちゃくちゃ誉めます。

皆さんテレ笑いです。

/////・・・・・・・・。

ニコッ

そして練習へ・・・。

練習中(もくもく)

朗読する詩の内容も決まりました。

本番が楽しみですね

つづく

うつくしまことばのミュージアム

谷川俊太郎×和合亮一

2回目

7月31日の午後、コラッセふくしま4F多目的ホールにて

朗読者の練習会が行われました。

本日は2回目。だんだん息もあってきました。

まずは準備運動から。

体を温めて声を出すゾ!

手を大きく伸ばして深呼吸。

スぅーーー………はぁぁ……ーー

頭から声が出ているか

触って振動で確かめます。

お互いを確認確認

初めに小さな声を

最後にはマックスの声を

発声です。

朗読、個々に練習。

おもいおもいのままに

詩を朗読します。

ここに谷川さんと和合さんが

座るんですヨ。

アットホームなかんじなので

席がめちゃ近いんです

全体練習。

おや……?このカメラマンは……?

大人数で声をそろえるのは

とても難しいことですが

練習するうちにどんどん

息があってきました。

迫力があります。

子ども達もがんばっていました。

かなっかなっかなぁ~♪

とてもかわいらしい。

真剣

さぁ 次は本番だ!?

つづく

うつくしまことばのミュージアム

谷川俊太郎×和合亮一

3回目・最後の練習

8月5日の午後、コラッセふくしま3F和室にて

朗読者の最後の練習会が行われました。

本番まであと3日!!

本日は最後の練習日。

いままでこれなかった方が

中心となって練習します。

ソネットの会場です。

こんなかんじになるんですね!!


タグ: , , , , ,

リンク

福島 詩人 和合亮一
未来の祀りふくしま 福島未来神楽